2008年1月24日 (木)

犬の恋♪

犬の恋♪
手前の黒い柴犬の名前は「春来」と書いて「はるき」と読みます。
向こう側の犬は名前が判らないので、仮に「メアリー」としておきましょう。
春来とメアリーは今日初めて会って恋に落ちてしまいました。
文字通り春が来た訳です。

めでたし、めでたし♪

昨日の酷寒地獄に比べたら天国のような今日の天気に相応しい微笑ましい光景でした。

………。

えー、今日はこれだけなんですけどぉ、いいっすよね。
たまにはこんな、ほのぼのブログでも♪

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年1月23日 (水)

雪は夜更け過ぎも雪だった……

雪は夜更け過ぎも雪だった……
V国からの留学生F君は生まれて初めて雪を見たらしく、驚くと共に喜んでおります。
僕はといえば、北海道出身であるにも関わらず、東京でかっ食らう雪は好きではありません。
特に23区内では、雪は一切認めたくありませんね。

吹雪、吹雪、氷の世界ぃぃぃー♪なんてね。
北国出身ながら寒いの苦手なんですよね。

先日のFでのライブで、初めて来たというフォークマニアのお客さんに、井上陽水の「氷の世界」に入っている曲を全て覚えるように、という宿題を頂きました。
という事は「小春おばさん」も歌わねばならない訳ですね。
あの曲、陽水さん自身はライブで歌った事あるんでしょうかねぇ。
あの長い台詞の部分もちゃんと演るんでしょうか………。

雪はお昼過ぎに雨へと変わるだろうと天気予報では言っております。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年1月31日 (水)

1/12年が過ぎました。

1/12年が過ぎました。

一昨日のFライブは、お客さんは少なかったけどいいライブでした。
もっとも、僕は常にいいライブを演っているつもりですけどね。
なんたって今年は(も)全ライブ完全燃焼ですもんね♪

つい先日に正月を迎えたと思ったら今日で1月も終りです。
2月も燃え続けますよ♪

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年1月28日 (日)

秋葉原の街

秋葉原の街

秋葉原へはよく出かけます。
だからといって僕は所謂「Aボーイ」ではありません。
東京に来てから20年近く、ずうっとこの近所に住み、中央青果市場の移転から、再開発が進みTXができた現在までその変遷を見てきたので、今までに住んだどのまちよりも長く住み熟知しているつもりであり、また一際愛着もあるのです。

何処か他のまちに出かけても、帰途について「石丸電気」や「ヤマギワ」や「LAOX」の看板を見ると、『帰ってきたぁ!』と何だかホッとした気分になります。
帰省して帰ってきた時でさえそうです。

明日ライブを演るお馴染のFも、御徒町といいながら充分にこの界隈です。

最近この界隈、神田から上野にかけて、フォーク居酒屋が乱立しはじめてきました。
でも、一番いいのは勿論Fです。
何故なら、僕が演っているからです。

でへへ………。

明日も19:30開演です♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月27日 (土)

ピック

ピック

僕がギター関係の小道具の中で一番拘泥るのはピックです。
大体、厚さが3〜5mmのものを使います。
こういうやつで弾いた方が音にコクが出て、魂がこもるような気がするのです。

素材は木や、石や、動物の骨や角や牙や甲羅、そしてやたらと磨耗に強い合成樹脂のものがありますが、最近はなかなか手に入れにくくなりました。

写真で手にしているのは黒檀を削ったもので、ある店で格安で入手しました。

本来、こういったピックはジプシー・ジャズのプレイヤーが使うのだそうですが、最近はそういった方々も通常のピックを使う事が多くなってきたようです。

いま持っているやつが全部使い物にならなくなったら、僕はこれらを自分で作らなくてはならないのですね。

どうしましょう。

いやぁ、もしそうなったら僕はやりますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月24日 (水)

赤坂グラフィティーにて♪

赤坂グラフィティーにて♪

一昨日のFライブは、お客さんは少なかったのですが、共演の奥野君とのセッション・コーナーを設けて、何時もとは一味違うステージになりました。

昨日は、事前に告知していませんでしたが、柴田君と赤坂で緊急ライブをぶちかましました。
写真の左側に写っているのは、今回のライブを企画してくれた久保フミト君です。
彼は以前、四谷のKというライブハウスでスタッフをしていたこともあり、今回ほんとうに久し振りに会うことができて、旧交を温めることができました。

FやKなど、普段は小さな空間で演っているせいか、ここ赤坂のGはとてもいい感じの広さで、演奏にも自然と力が入りました。

………。

普段のライブに力が入っていないという事ではありませんよ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年1月21日 (日)

不滅のサイン♪

不滅のサイン♪

新宿の某レコード店に遠賢のイン・ストア・ライブ(遠賢曰く「店内演奏」)を観に行きました。

写真はそのライブが跳ねた後に貰った「不滅の」サインです。
「満足でき」ます。
「ほんとだよ」。

明日はFで僕のスーパー・ソロ・ライブ(遠賢流の言い方なら「超絶単独公演」)です。
観に来てくださいね。
「満足」させます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月18日 (木)

何だこれは?!

何だこれは?!

要冷凍の食べ物が送られてくると、決まってドライアイスが封入されていますよね。
僕はそれを見ると堪らず溶かしたくなります。しかも熱湯で。
この時に出る「ぷくぷくっ」という音は、さながらショッカーの研究所ですが、あのモクモク感は「夜のヒットスタジオ」、或いは「紅白」のあれですね。
そうです。日常生活に於いても、あの環境に慣れておく必要があるのです。

スターへの道は厳しい…。

ところで、明日は柴田君とFでライブです。
今年の僕は、例年にも増して、どんな形のライブも全て完全燃焼でいきます。
ギターの指板から、ドライアイスの「モクモク」みたいなのが出てくるくらいに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月17日 (水)

積年のボトル

積年のボトル

一昨日のライブは、開演当初お客さんが少なくて如何なることかと思いましたが、演ってるうちにちらほらと人が増えてくれて何とかなりました。
「何とか」どころか、刻々と変わる状況から演奏を切り上げる頃合が見極められなくなり、一時間半のステージを2回、都合正味三時間に及ぶライブになってしまいました。

いやぁ〜、歌った歌った。
最後の方は喉が枯れそうになるのを堪えるのに必死でした。

こんな僕を観てくれたお客様方、本当にありがとうございました。

ところで、写真のボトルは何でしょう?
ピンボケで判りづらいんですけど、ラベルの下の方に「正」の字が沢山書いてあります。
F開店以来、柴田君と僕とで呑んだボトルの数が記されているんですよ。

今82本目です。
或る写真家の方が入れてくれたボトルに新しいのを詰め替えてずうっと使い続けているのです。
これが100本目に達すると、何か素敵なことがあるそうですよ。

何でしょう?

楽しみですねぇ♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年1月14日 (日)

狂熱のFライブ♪

狂熱のFライブ♪

柴田達朗君との初ライブは、いつもとは違う形で盛り上がりました。

明日は本年2回目の大坪ソロライブです。
皆さん、19:30に御徒町Fに集合しましょうね♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)